流行り廃りの無いベーシックなアイテムを選ぶ

レディースファッションブランド選びにおいて価格帯は大事な要素となり、ファッション代を節約したい場合は、いかにして安くて良いものを探せるかが最大のテーマとなります。節約生活をサポートしてくれる頼もしい存在なのが、価格帯が安いプチプラブランドです。プチプラブランドのメインターゲットは10~20代であることが多く、トレンド感満載のアイテムが揃っています。大人の女性がプチプラブランドのトレンドアイテムを着ると若作り感や痛々しさが出てしまいますので、流行廃りが無くてシンプルでベーシックなアイテムを選ぶのが無難で間違いありません。買って損しないベーシックなアイテムについてですが、無地のニットやカットソー、リラックス感があるマキシスカートやワイドパンツなどがあります。

高見えする素材のアイテムを選ぶ

プチプラブランドとハイブランドの違いを数え上げたらきりがありませんが、最もわかりやすいのが素材感です。プチプラブランドには見るからに安っぽい素材感のアイテムもあれば、高見えする素材感のアイテムもあります。Tシャツやカットソーをプチプラブランドで購入する場合は、キュプラなどの素材が混入していないコットン100%で厚手のものを選ぶのが良いでしょう。ヘビーウェイトコットンは肉厚で程よいハリ感があり安く見えません。 デニムはライトブルーよりもインディゴブルーの方が高見えしますし、ニットは編み目が粗いローゲージニットよりも編み目が細かいハイゲージニットの方が高品質に見えます。プチプラブランドのライダースジャケットやレザーバッグは本革が使われていません。合皮特有の安っぽさが出がちですので、買わないのが賢い選択です。